韓国ドラマの時代劇を現代風にアレンジ

最高によかったのは「皇后の品格」です。内容は部屋でサニーはポスターを見て身の程知らずとは私のことねと考えるのです。ファンでいいのよと開き直るのです。父はサニーにポスターをなぜ剥がすんだと聞いたらサニー本人が父さんにすっきりしたわと言い返すのです。全部捨てようと思ったのです。父はサニーに陛下に告白されたんじゃないのかと聞いたのです。サニーは父さんに何が告白よ私は興味がないと強がるのです。父はサニーに陛下とはだめになったのかと諦められないのです。これで幸せになれると思ったと残念がるのです。情けないわね私はオ・サニーよと父さんに必ず成功させると話すのです。夜に宮殿でギジョンが太后様に土下座して私は陛下をお守りする立場なのですができなかったと謝るのです。カン氏が警備隊長にしてあげたのは私でしょと自慢するのです。早く言いなさいと言ってギジョンが手紙とボイスレコーダーを太后様に渡すのです。これが陛下の車にあって決定的な証拠である車は私が処理しますと書かれてあるのです。ユラは家でカバンにワンシクの写真と母さんの写真を入れるのです。ピルジュは子どもにワンシクは来なかったと聞いたのです。嘘をついたらひどい目に遭うぞと脅すのです。ドンシクはスーツの男性に泣きながら本当に帰ってきてないよさっき言っただろうと抵抗するのです。ユラがマ部長に何してるのと言ったらミン室長と言って子供を落としたのです。ユラはワンシクの店で落ち着かないのです。始末したはずなのにワンシクは生きてるのと焦るのです。ピルジュはミン室長にワンシクは銃で撃たれて海に落ちたと言ったら泣きながらユラはマ部長に確認せずに陛下に嘘をついたのと聞いたのです。ピルジュはミン室長に死体は見つからないと告白して陛下には言うなと止めるのです。
iPad プログラミング 勉強

韓国ドラマの時代劇を現代風にアレンジ
Scroll to top