電子印鑑ブログのアクセスが急増 在宅勤務の影響で

新型コロナウイルスが依然猛威を振るう中、会社への出勤から在宅勤務やテレワークへの働き方改革が進んでいます。

自宅で働く人が増えている影響で、電子印鑑の使い方や活用方法を紹介する電子印鑑ブログのアクセスが急増しているそうです。

ある電子印鑑のブログでは、電子印鑑の使い方やソフトウェアの紹介、電子印鑑の作成方法を紹介していて、1日のPVは2000~2500ぐらいだったそうですが、コロナの影響が増え始めた3月ぐらいからアクセスが伸び始め、今週に入り一気に5倍ぐらいになったそうです。

その理由を調べてみると、日本独特のハンコ文化が在宅勤務やテレワークの障害となるため、会社の決裁印や認印を電子化するため、実物の印鑑を電子印鑑に変換する流れが加速しているようです。

これが電子印鑑を紹介するブログアクセス急増の原因でした。

コロナウイルスの流行が収まったとしても、働き方がオフィス出勤からテレワークや在宅勤務に変わり、書類や印鑑もどんどん電子化が進んでいくと思われます。

そのため、電子印鑑の需要は今後さらに伸びるとともに、実物の印鑑は売上を大きく低下させていくと思われます。

大抵の電子印鑑は無料で作成できますし、実際の印鑑と同じ書体でも、格安で作成できるサービスもあります。

これから実物の印鑑から電子印鑑を作成したい、使ってみたいのであれば、ぜひ一度電子印鑑を無料で作成して活用する方法を紹介するブログにアクセスしてみてください。

オススメのブログはこちらです 電子印鑑を無料で作成して活用する方法を紹介するブログ

会社の業務に使うビジネス文書は、大抵がワードやエクセル、PDFで作成され、印鑑が必要な場合は紙に印刷して、社印や角印、認印等を押印するのが一般的です。

しかし、社印や役職者の印鑑は社外に持ち出せないことが多いので、テレワークや在宅勤務では、稟議書や見積書、領収書、契約書などの文書に印鑑を押印することができません。

日本企業独特の「実印ハンコ文化」がテレワークを阻む壁となっており、社内文書をいくら電子化しても、会社の印鑑は家に持ち帰れないので、印鑑の電子化は一向に進みません。

しかし、時代は変わりました。電子印鑑が伸びた理由としては、新型コロナウイルスの影響で外出や通勤が減り、在宅勤務やテレワークが増えたこともあります。

Googleトレンドでキーワードを調べてみると、2月中旬ぐらいから「在宅勤務」や「テレワーク」が伸びて、4月に入ってから一気に上昇しています。

電子印鑑ブログのアクセスが急増 在宅勤務の影響で
Scroll to top