虫歯の平均本数

虫歯の平均本数(治療した歯と失った歯を含む)は、20代で3本、30代で7本、40代で12本となっています。 虫歯の数は年齢とともに増加する傾向にありますが、5年前、11年前の調査と比較すると、虫歯の数は減少しています。
歯が弱い人の特徴とは?
間食が多い人、炭水化物を多く摂る人、酸っぱいものが好きな人は、虫歯菌が出す酸や食べ物・飲み物に含まれる酸によって歯が溶かされやすいと言われています。 また、食物繊維を摂らない人や柔らかいものばかり食べている人は、歯垢がたまりやすく、むし歯になりやすいと言われています。
古くは4000年前、虫歯は口の中に住む虫が食べたり、歯に穴をあけたりすることで起こると考えられていました。 この考えが否定され、口の中の細菌が酸を出して歯を溶かすことがわかったのは、19世紀後半と最近になってからです。 虫歯は、古代人[ホモ・サピエンス]の時代から存在したと考えられています。
入れ歯はどのくらいもつのですか?
一概には言えませんが、プラスチックの入れ歯は3~5年、金属の入れ歯は5年以上問題なく使えると言われています。 一度入れ歯を作れば一生使えると思っている患者さんもいますが、総入れ歯でも必ずしも一生使えるわけではありません。

虫歯の平均本数
Scroll to top