筋トレのコツとは?これだけは押さえておきたいポイント

筋トレです。背中のさまざまな筋肉の鍛え方
背中の筋肉は、広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋の3つが主な筋肉です。これらの筋肉は共通して引き寄せ動作に寄与しているため、トレーニングの際には引き寄せ動作を意識することが重要です。ただし、プルモーションは大まかな分類であり、厳密には個々の筋肉の動きは異なる。
1.広背筋(こうはいきん)
広背筋は、背中の下半分を覆う大きくて平らな筋肉です。肩の内旋、背骨の伸展、肩の内転など、いくつかの異なる動作を担っています。
広背筋を鍛えるには、懸垂、チンニング、ラットプルダウン、ローイングなどが一般的な運動です。
2.僧帽筋
僧帽筋は、頭蓋骨の付け根から背中の中央にかけて広がる、大きな三角形の筋肉です。肩を上げる、首を伸ばす、肩甲骨を安定させるなど、さまざまな作用を担っています。
僧帽筋を鍛えるには、シュラッグ、フェースプル、ローイングなどのエクササイズが一般的です。
3.脊柱起立筋
脊柱起立筋は、背骨の長さに沿って走る大きな筋肉群です。背骨の伸展、背骨の安定化など、さまざまな作用を担っています。
脊柱起立筋を鍛えるには、デッドリフト、グッドモーニング、ハイパーエクステンションなどのエクササイズが一般的です。
まとめ
広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋は背中の三大筋肉である。これらの筋肉は共通して引き運動に寄与しているため、トレーニングの際には引き運動を意識することが大切です。ただし、プルモーションは大まかな分類であり、厳密には個々の筋の動きは異なる。
新宿でおすすめのヒップアップジム3選はここ

筋トレのコツとは?これだけは押さえておきたいポイント
Scroll to top