社労士の仕事とは?どうすれば社労士になれるの?おすすめの試験勉強法など解説!

社会保険労務士は、企業発展のための重要なパートナーです。
企業経営の4大要素(ヒト・モノ・カネ・情報)のうち、最も重要な「ヒト」の専門家として社会保険労務士は活躍しています。
経営の効率化を図るため、人事・労務管理全般に関する問題点を指摘し、その改善策を企業にアドバイスする。
また、少子高齢化で変化する医療保険制度や年金制度など、さまざまな相談に応じる。
今後、社会保険労務士は、主に「人材」に関する幅広い問題に対応するため、ますます重要な存在になっていくでしょう。
社会保険労務士になるには、例年8月下旬に実施される「社会保険労務士試験」に合格する必要があります。
ここでは、申し込みから試験合格までの流れをご紹介します。
認定社会保険労務士は国家資格です。認定社会保険労務士を目指す方は、まず国家資格を取得する必要があります。試験は毎年8月下旬に行われ、11月に合格点が発表されます。
受験資格には、学歴など様々な条件があります。勉強を考えている方で、自分に受験資格があるかどうかわからない方は、事前に全国社会保険労務士会連合会試験センターへ問い合わせることをお勧めします。
試験は8月下旬の1日に行われ、「多肢選択式」と「単肢選択式」の2種類の問題があり、それぞれの試験の合格基準点を超えれば合格とみなされます。
合格点は、8月下旬の試験終了後、11月に発表される予定です。試験に合格すると「社会保険労務士」の資格が得られますが、この時点では登録することはできません。社会保険労務士として登録するためには、2年以上の実務経験が必要です。
ただし、実務経験が2年未満の方や実務経験のない方でも、「指定講習」を受講し修了すれば、2年以上の実務経験に相当する経験を有するとみなされます。
実務経験2年以上の方と指定講習修了者は、全国社会保険労務士会連合会に登録し、都道府県社会保険労務士会に加入して社会保険労務士の資格を取得することができます。
社会保険労務士のキャリアプランには、大きく分けて2種類あります。” それは、”独立開業 “と “勤務先の社会保険労務士になる(社内社会保険労務士)”です。
厚生労働大臣が定める法定研修(特別研修)を修了し、日本社会保険労務士会連合会が実施する「紛争解決手続代理業務試験」に合格すると、特定社会保険労務士として独立開業することが可能です。
社労士試験をパスするためには通信講座の活用が不可欠です。
おすすめの社労士通信講座については下のぺージで現役社労士が解説中!
おすすめの社労士通信講座比較
受講の参考にしてください。

社労士の仕事とは?どうすれば社労士になれるの?おすすめの試験勉強法など解説!
Scroll to top