社労士になるためのロードマップ!どうすれば試験に合格できるかおすすめを紹介します!

こんにちは。
社会保険労務士試験は、合格率3~9%の超難関資格試験です。
独学でテキストを購入して合格するのは非常に困難です。
ですので、資格予備校の講座を受講するのが一般的です。
この記事では、社会保険労務士の資格取得を目指す方のために、「社会保険労務士受験講座」をご紹介します。
講座の費用はどれくらい?
どの予備校がいいのか?
各予備校を徹底比較したいと思います。
おすすめの予備校や合格者のアドバイスも掲載しています。
大手予備校だけでなく、最近は中小の予備校も人気です。
ユーキャンの通信講座やアガルートも5万円前後と安価です。
社会保険労務士とは、「社会保険労務士法」に基づく国家資格です。
主に「社労士」と略称される。
平均合格率は5%程度で、難関の社会保険労務士試験に合格して初めて社会保険労務士になることができる。
社会保険労務士の目的は、社会保険・労働法の専門家として「労働・社会保険諸法令の円滑な執行、事業の健全な発展、労働者等の福祉の向上に寄与すること」です。
職業としてはマイナーな資格という位置づけですが、人事・労務、社会保険、労働問題、公的年金の分野では唯一の国家資格であり、確実に需要がある資格です。
社労士になるには、まず「社会保険労務士試験」に合格し、国家資格を取得する必要があります。
社会保険労務士試験は、毎年8月頃に実施されます。(※コロナの影響で時期がずれることがあります)。
全部で7科目あり、各科目とも完全マーク式です。
合格点はその場で決定され、一定の点数に達しない場合は、その場で不合格となります。
合格には総得点の約6~7割が必要です。
合格後は、全国社会保険労務士会連合会に登録され、社会保険労務士の資格を取得することができます。
過去5年間の社会保険労務士の合格率は約5%であり、難易度の高い試験といえます。
合格までの標準学習時間は約1,000時間で、1日3時間程度の学習で合格まで約10ヶ月かかります。
合格率は低いですが、公認会計士や弁理士と比べると難易度はやや低めです。
社会保険労務士試験の講座を開講している予備校は、教室を持つ大手有名予備校と、通信講座に特化したその他の予備校の2種類です。
受講料は、大手予備校か通信制予備校かによって大きく異なります。
大手予備校の場合、245,000円~374,000円、30万円前後が相場です。
小規模な通信制予備校の場合は、59,400円から133,800円と、大手予備校の半額以下となっています。
おすすめの通信講座の徹底比較記事は下で紹介しています。
自分に合った通信講座選びのために、一度目を通していただけたら幸いです。
社労士通信講座比較したおすすめはコレ

社労士になるためのロードマップ!どうすれば試験に合格できるかおすすめを紹介します!
Scroll to top