小室圭さん、3回目の受験が不合格でもクビを回避できる“奥の手”とは!?

国の威信をかけて阻止する」。
小室圭さん(©MashupReporter)
 今月、小室圭さんは3回目のニューヨーク州司法試験の合否が判明する予定です。また不合格になれば、勤務先の法律事務所を解雇される可能性もあるが、雇用は保障される。それはなぜか?
 小室さんは、現在、合否の発表を待っている。
一次試験のときと違って、小室さんは宮内庁はもちろん、秋篠宮家にも試験の手ごたえを伝えなくなりました」(秋篠宮家関係者)。
 合格かどうかについては、「2回以上再受験した外国人の合格率は17%」というデータもあり、楽観視はできない。しかし、小室さんには “秘策 “がある。
もし、小室さんが試験に落ちたら、普段勤めている法律事務所を解雇されても不思議ではない。しかし、総領事館としては、国の威信がどうであれ、将来の天皇の義弟が路頭に迷うことを防がなければならない。現状では、試験の合否にかかわらず、雇用が保証されていると聞いています。
国も許してくれると思っているのですが…。
 一方、関係者は「小室さんは司法試験に合格すると信じている」という。
小室さんが司法試験合格を目指すのは、秋篠宮殿下から弁護士になる “お許し “を得られると確信しているからです。
 しかし、これは全くの誤解です。
彼の最大の欠点は、母親が起こした金銭トラブルを放置し、挙句の果てに自分の行動を正当化したことだ。それなのに、いまだに自分の資格で一連の不始末が帳消しになると勘違いしている。そして、眞子さまはそのような行動を積極的に支持されています。”

小室圭さん、3回目の受験が不合格でもクビを回避できる“奥の手”とは!?
Scroll to top