債務整理で弁護士(司法書士)を選ぶ基準や考え方

借入金の返済が困難な場合に検討されるのが債務整理です。
債務整理をすると、借金が減額されたり、免除されたりして、月々の返済額が減ります。また、過去に払い過ぎたお金を取り返す過払い金返還請求も債務整理の1つとして検討されます。
債務整理は、弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。
債務整理で評判の良い、債務整理 口コミの良い法律事務所を探す前に、まず知っておきたいことをお伝えしたいと思います。
まず、法律事務所とは、弁護士の事務所のことです。
しかし、債務整理は弁護士だけでなく、司法書士でも行うことができますので、法律事務所だけでなく、司法書士事務所も含めて依頼先を探すことをおすすめします。
債務整理 口コミ
債務整理を検討する際に、法律事務所(弁護士事務所)と司法書士事務所のどちらが良いのかという疑問があると思います。
しかし、答えは「どちらでも良い」です。
ただし、債務整理に関しては、司法書士はNGです。ただ、司法書士も債務整理に関する業務を行うことができるので、弁護士と司法書士のどちらが良いかは判断が難しいところです。
簡単にまとめると
弁護士は債務整理の種類に関係なくあらゆる案件に対応できるのに対し、司法書士は業務内容が限定される。ただし、弁護士の方が費用が高く、司法書士の方が安い場合が多い。
ということがあります。
任意整理を検討する際、クレジットカードやローンの支払いや、そもそも弁護士費用がいくらなのかが気になるところだと思います。
借金を返済することは大切ですが、生活への影響は最小限に抑えたいものです。
任意整理の特徴を正しく理解し、失敗するパターンを知っておくと、借金解決に向けて適切な対策を立てやすくなります。

債務整理で弁護士(司法書士)を選ぶ基準や考え方
Scroll to top