リフォームでご近所への挨拶が必要な理由

リフォームでのご近所への挨拶が必要な理由は、トラブルの回避につながるためです。
外装リフォームはもちろん、家の中のリフォームの場合でも同じです。
家の中の工事であっても騒音やリフォーム会社の路上駐車、見知らぬ人の出入りなどを気にする方もいます。リフォーム会社の利用はせずDIYでのリフォームであっても、電動ドリルや丸ノコなどの音、ペンキの匂いなどで迷惑をかけてしまう可能性もあるでしょう。
せっかく素敵な家にリフォームできても、そのせいで近隣から疎まれてしまっては、居心地がよくありません。
快適なリフォームを実現するためにも、ご近所への挨拶回りはしっかりしておきましょう
千葉県の安くて優良なリフォーム業者に依頼したいならこちらのおすすめ記事をぜひ読んでみてください。
オーナーとリノベーション会社が挨拶を交わした方が良い
プロにリノベーションを依頼すれば、お出迎えもしてくれる場合が多いです。
しかし、人によっては、クライアントがリノベーション会社に来ただけで、知らないふりをする場合もあります。
オーナー様に最初にご挨拶いただくことで、「リフォーム会社に家を丸ごと投げ出す感覚」が軽減され、気持ちが楽になります。
また、近隣住民から見れば、商売を疑って外国のリノベーション会社を歓迎することにも警戒感を持っているので、頼りになります。
お客様とリフォーム会社が歩み寄ってあいさつをするとき、お客様が仲介役を務めます。 △さんです。」 リノベーション会社が先でオーナーが後回しの場合は、「ご挨拶が遅くなり申し訳ありません」と言うのを忘れずに。

リフォームでご近所への挨拶が必要な理由
Scroll to top