オナ電とは?

オナ電とは?
おな電の定義
おなでんとは、男女が電話を使って同時に自慰をすることです。
お互いのオナ配信の声を聞かせるという意味から、「相互オナ電」という言葉が生まれたと言われています。
同時オナ電や相互オナ電という概念が示すのは、電話越しに自慰の声、つまり音を聞かせ合うことを中心とした行為であることに他ならないのだ。
古来より「自慰は一人でするもの」という固定観念がある世の中で、その常識を覆すほどのインパクトを与え、より快楽的な行為をもたらす立役者となったのがオナ電と言えるでしょう。
オナ電」の語源は「聞き聞かせる」という意味の「おなで」であり、近年は「見せ合う」行為も広義に含めるという考え方がある。
確かに、アナログの音声通信しかなかった時代の定義は、21世紀の文化になじむはずもなく、時代に合わせてその構造を変える必要がある時期に来ているのかもしれない。
おなでん」の由来
おな電の歴史は、日本で電話が誕生した1869年にさかのぼります。
19世紀の日本では、電話の誕生により、唯一のコミュニケーション手段であった手紙のやり取りが飛躍的に進歩し始めました。
日常生活に欠かせない情報を提供する電話だけでなく、離れた場所にいる相手と音声でコミュニケーションができる電話の画期的な発明は、大人の男女のコミュニケーションに拍車をかける遠因のひとつとなった。
しかし、オナ電の本格的な普及は、20世紀に入ってからである。
1900年代初頭に公衆電話が設置され、電話の数が飛躍的に増え始めたのである。
そして、決定的なのは、1987年の携帯電話の誕生である。
携帯電話の誕生と普及により、自宅にいながら家族にも知られることなく、エッチな会話を楽しむことができる時代が到来したのである。
直接会えない遠距離恋愛の恋人や不倫カップルは、携帯電話に殺到した。
これが今でいうオナ電の起源と言われている。
テレフォンエッチとの違い
おなデンを理解する上で最も重要なポイントは、おなデンとテレホンエッチの違いです。
おなでんはテレホンエッチではありません。
もちろん、「おなでん」と「テレフォンエッチ」という言葉の定義で、両方を広く位置づける解説もあります。
しかし、学問的に分類すれば、両者は全く異なる行為である。
そもそもテレフォンエッチという行為は、「エッチ」という言葉が示すように、エッチの代替行為として行われてきた。
エッチしたくてもできない遠距離恋愛中のカップルや、視線を避けたい不倫カップルの間で特に重宝された行為の一つです。
逆に、オナ電とは、お互いの自慰行為を聞き合う行為である。
離れた場所にいる男女が、電話中にお互いのオナ電を聞かせることが主な目的の行為です。
一見すると、この2つの行為は似ているように思えるが、その違いは実にセリフに現れている。
テレフォンエッチの場合は、実際に顔を合わせていなくても、目の前の相手とリアルなエッチをしているような疑似セリフが使われるが、オナ電の場合は、男性がオナ電をしているだけなので、妄想に基づく発言は一切ないのである。

オナ電とは?
Scroll to top